着物レンタルに関する情報を紹介しています。

着物レンタルのおと

基礎知識

着物レンタルってどんなサービス?借りるまでの流れも解説

投稿日:

着物を持っていなくてもレンタルを利用することで、着物を着ることができます。ここでは、着物レンタルの内容や申し込みから返却までレンタルをする際の流れについて詳しく紹介します。

着物は着る物という意味ですが、一般的に着物というと和服のことをさしています。日本に古くからある衣装が和服であり、民族衣装とも言えるものです。

ですが、現代では洋装が主流であり、着物を着る機会はごく僅かなものになっているという人も多いのではないでしょうか。着物を着る機会が少ない理由として挙げられるのが、和服自体が高価なものが多いこと、着付けが難しいこと、和服の保管や手入れなどが面倒なことなどが挙げられます。

そこで、便利に利用されているのが着物のレンタルです。

着物レンタルは全国に専門のショップがあり、成人式や結婚式、セレモニーなど、様々なシーンに合わせた着物を選んで借りることができます。また、ただ単に着物を借りるだけでなく、着物のレンタルに合わせたサービスを利用することができるので、気軽に着物を着ることができます。

ここでは、着物のレンタルのサービス内容やレンタルする際の流れについて紹介します。

着物レンタルは着物を借りるだけじゃない!!

着物をレンタルする際、もちろん気に入った着物のみを借りることもできますが、着物を着る際は着付けや着付けに必要な小物類の準備、そしてヘアメイクなども必要になります。着物を着る際に必要なものをすべてカバーして着物を美しく着ることができるのが、着物レンタルのサービスです。

レンタルすれば着付けを無料でしてくれるところが多い

着物着付けする女性

着物レンタルのほとんどは、着物の着付け料金も含まれていることがほとんどです。現代では自分で着物を着ることができるという人が少なくなっていることから、プロの着付けしが在籍するレンタルショップなどであれば、安心して依頼することができます。

またレンタルショップの中には、店舗だけでなく指定した美容室や自宅などに、着付け師が訪問して着付けを行っているところもあります。プロの着付け師に着付けをしてもらうことで、着崩れの心配もなく、着物を着こなすことができます。

着物に必要な小物類も充実している

着物レンタルでは、着付けに必要な肌着や足袋などの小物類からかんざしや羽織、ストールや帽子、傘など、より着物を美しく、可愛く着るための小物類も用意しています。

手ぶらでショップを訪れて、着物を着ることができるのが着物レンタルです。ただし、肌着や足袋などは直接肌に触れることから、レンタルではなく買い取りとしているところも多いので、事前に問い合わせをして自分で準備しておくのもよいでしょう。

着物に合わせたヘアスタイルを依頼できる

着物髪形後ろ姿

普段、着慣れない着物ですから、ヘアスタイルもなかなか自分で上手くまとめることができないという人も多いのではないでしょうか。

そこで着物レンタルでは、ヘアセットも提供しています。

かぶせやカールアップ、サイドアップやサイドダウンなどシンプルやヘアスタイルから豪華な仕上がりをイメージしたヘアスタイルまで、様々なスタイルの中からプロのスタイリストに依頼することができます。ショップによってはヘアスタイルのプランを設定しているところもあり、スタイルによっては別途料金が発生する場合もあるので、事前にチェックしておきましょう

着物に合わせたメイクを依頼できる

ヘアスタイルと同じように、いつものメイクでは着物と合わせるのが難しく、着物に合わせたメイクをすることができないという人もいるのではないでしょうか。着物レンタルでは、着物の雰囲気や着物を着るシーンに合わせたメイクも提供しています。

荷物を預けることができる

着付け荷物預かり

着物レンタルでは、気軽に着物を着てもらうことができるように、着付けやヘアメイクの他にも荷物の預かりサービスを行っていることがほとんどです。着付け前に着ていた洋服やその他の貴重品以外の荷物を、着物の返却まで預かってもらうことができます

店内で写真撮影をしてもらうことができる

せっかく綺麗に着物を着たからには、写真に残しておきたいという人も多いのではないでしょうか。

ショップによっては店内に撮影スタジオを設けているところもあり、プロのカメラマンが撮影をしてデジタルアルバムやCD-Rの作成などしてもらうこともできます。

配送で着物の返却を行うことができる

着物返却配達

着物のレンタルをしてもその日もしくは翌日にレンタルをしたショップに返却に行くのが難しいという場合は、ショップによっては配送で返却ができるところも増えています。

着物レンタルの流れとは

着物着付けする女性

着物を貸し出す際に、様々なサービスを利用することで気軽に着物を着ることができるようになっているのが、着物レンタルです。

では着物レンタルの流れはどのようになっているのでしょうか。ここでは、一般的な着物レンタルの流れについて紹介します。

まずは電話やメールで予約!

着物レンタル予約

着物レンタルを利用する際に、まず行うのが電話やメールでの予約です。利用したい店舗や利用する人数、希望するプラン、そして予約日時を指定して予約を行います。

もちろんこのときに、疑問などを相談することもできますし、レンタルの予約ではなく見学の予約をすることもできます。またこの時に当日に必要なものなども教えてもらうことができるので、メモしておきましょう

予約した日時にショップに行く!

予約が完了したら、予約をした日時にショップに行きましょう。予約した時間に遅れてしまう場合は、必ず電話連絡を入れるようにしましょう

着物を選ぶ!

着物レンタル選ぶ着物

着物のレンタルショップでは、様々な柄やシーンに合わせた着物が用意されています。またそれらに合わせた帯や小物なども揃っているので、好みに合わせて選ぶことができます。

着物の知識が豊富なショップスタッフに相談しながら選ぶのもよいでしょう。ショップによっては事前にホームページから着物を選んでおくこともできます。

着付けをしてもらう!

レンタルショップで、プロの着付け師に選んだ着物を着付けてもらいましょう。専用の着付けスペースで、だいたい30分ほどで着付けが完了することがほとんどです。

着付けの後はメイクやヘアセットをしてもらう!

着物レンタルメイクする女性

着付けが完了すると、ヘアセットやメイクを行います。

ヘアセットやメイクにかかる時間はだいたい30分から1時間です。ヘアセットやメイクが完了すると必要な荷物を持って、ショップから出ることができます。

返却時間に着物などを返却する!

イベントの終了後や散策などが終わり、返却時間になると着物やその他の小物類などを返却します。

着付けをした店舗に返す場合や配送で返すことができる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。着物レンタルでは、着た着物やその他の小物類はクリーニングせずにそのまま返却できることがほとんどです。

まとめ

なんとなく敷居が高い、めんどくさいと思われることも多い着物ですが、着物レンタルを利用することで、着物そのものを借りるだけでなく様々なサービスを利用することができ、気軽に着ることができます。豊富な着物の中から自分にぴったりの着物を選んで、和装を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

-基礎知識

Copyright© 着物レンタルのおと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.