着物レンタルに関する情報を紹介しています。

着物レンタルのおと

素朴な疑問

振袖の防寒と言えばショール!ショールも着物レンタルで借りられる?

更新日:

着物成人式女性

成人式で振袖を着るときの防寒としてイメージするのが、ショールではないでしょうか。なんとなく振袖と白くてふわふわとしたショールはセットになっているイメージを持っている人もいるでしょう。

今回は、振袖を着るときの防寒としてショールは必要なのか?また着物レンタルで振袖をレンタルする場合は、防寒アイテムとしてショールもレンタルすることができるのか紹介します。

成人式が行われる時期

成人式1月カレンダー

成人式は一般的に毎年1月の第二月曜日に行われます。地域によっては、帰省シーズンに合わせて三が日などに行うところもありますが、どちらにしても成人式が行われる時期は一年の中でも冷え込みが強くなる時期です。

成人式の会場によっては暖房がしっかりきいているところもありますが、会場や式典が行われる時間帯によっては寒いと感じる場合もあります。

実は振袖はそんなに寒くない

なんとなく着物は寒いとイメージしている人も多いのではないでしょうか。ですが、実は着物はそんなに寒さを感じるものではありません。

特に振袖は、肌襦袢や長襦袢、補正用のタオルなど、振袖の中にしっかりと何枚も重ねて着込んでいることから、思っているよりも寒さを感じず、シルクなどの素材であればさらに保温性はアップします。

○インナーでの防寒は注意する

式典などで会場内に入ると思っていたよりも、しっかりと暖房がきいていたことで、逆に暑い思いをしたことがあるという人もいます。

防寒のためにあらかじめインナーを着込んでしまうと、暑いと感じても簡単に脱ぐことができなくなるので、室内にいる時間が長くなる場合は、ヒートテックなどの防寒に使えるインナーは着用しないようにしましょう

振袖の防寒アイテムと言えばショール

成人式防寒ショール

真冬でも振袖を着ているとそんなに寒さを感じないことから、基本的には防寒を意識する必要はありませんが、移動などで外を歩く時間が長い場合などは、振袖の外側から羽織れる防寒アイテムを取り入れましょう。

ショールや厚手のストール、襟巻きなどです。着物を着たときに寒さを感じやすいのは、首元や腕、足などですが、特に首元や肩周りの防寒をすることができるショールは、振袖の華やかさをアップさせることもできるアイテムです。

○成人式のショールの定番と言えば?

成人式の振袖姿で見かけるショールの定番と言えば、白いファータイプのショールです。

この他にも、毛足が短い上品な印象のラビットショールや毛足が長くゴージャスな印象のフォックスショール、振袖の色や柄に合わせて選ぶことができるカラーショールなどがあります。

○ショールを購入する場合はいくらぐらい?

振袖に合わせるショールの価格は、素材によって変動します。安価なタイプであれば5,000円前後から購入することができますし、ラビットファーやフォックスなどの毛皮になれば何万円もするものもあります。

手触りや色合い、素材などバランスよくショールを選んでみましょう。ただし、成人式で振袖を着用するときだけしかショールを使わないという場合は、着物レンタルで振袖と一緒にショールもレンタルすることで、質のよいショールをリーズナブルな価格で取り入れることができます。

○着物レンタルなら単品からフルセットまで対応している

着物レンタルでは、着付けに必要な小物や装飾品、振袖や帯などフルセットで借りることができるフルセットレンタルから、必要なものだけを選んで借りることができるレンタルまで、様々なプランがあります。

もちろん多くのレンタルショップがショールも取り揃えており、振袖と一緒にコーディネートしてフルセットで借りることもできますし、ショール単品でも借りることができます。

●まとめ

成人式で一度しか使わないというのであれば、ショールは着物レンタルで借りるのがおすすめです。

レンタルショップの中にはショールのみのレンタルは行っていないというところもあるので、レンタルをする予定がある場合は早めに確認をしておきましょう。

-素朴な疑問

Copyright© 着物レンタルのおと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.