着物レンタルに関する情報を紹介しています。

着物レンタルのおと

素朴な疑問

【悩み】成人式の振袖って、着物レンタルと購入どっちがお得?

更新日:

20歳の節目を迎える成人式では、女性は振り袖を着用することがほとんどです。式典や同窓会へ参加したり、懐かしい友人に会うことができたり、これまで育ててくれた両親に感謝する機会でもあります。

成人式を控えている人が気になるのが、振り袖をどう準備するか?ではないでしょうか。洋服のように手軽に購入できるというものでもないですし、買い慣れているというものでもないことから、何かとわからないことが多いという人も多いのが成人式の振り袖です。

振り袖の準備は一般的に着物レンタルでレンタルをするか、呉服屋さんなどで購入をするかのどちらかになります。ではレンタルと購入、どちらがお得なのでしょうか。それぞれにかかる費用やメリット、デメリットから、自分にとって最適な方法を見つけてみましょう。

成人式の振り袖はレンタルする?それとも購入する?

着物成人式着る女性

まずは振り袖のレンタルと購入、それぞれにかかる費用を見てみましょう。

○振り袖のレンタルにかかる費用

成人式用の振り袖をレンタルしている着物レンタルショップは、店舗型、ネットショップ型など豊富に存在しています。

振り袖だけでのレンタルも可能ですが、着付けに必要な小物や装飾品などフルセットでレンタルしていることがほとんどです。また店舗型でのフルセットレンタルには、着付け料金やヘアメイク、お化粧、着用後のクリーニング代などの料金も含まれているショップもたくさんあります。

振り袖のレンタルにかかる費用の相場は、だいたい20万円前後です。

安価なものであれば5万円程度から、ブランドや作家の作品、職人の手作業による染や刺繍などが入っている高価な振り袖の場合は30万円前後になることもあります。

ネットショップ型の着物レンタルは、店舗運営のコストがあまりかからないことからレンタル料金が格安になる傾向にあります。

○振り袖の購入にかかる費用

振り袖を購入する場合の費用の相場は、安価な振り袖でも20万円前後から、高価なものでは100万円を超えるものもあります。

着物の生地や刺繍、染の技術、デザインやブランドなどによって、振り袖の価格は大きく変わります。

 

レンタルのメリットとデメリット

着物レンタルメリットデメリット

成人式の振り袖をレンタルする場合のメリットとデメリットを見てみましょう。

○レンタルのメリット

レンタルの一番のメリットとも言えるのが、手軽さです。

振り袖を着るためには着付けに必要なものはたくさんあります。

  • 小物
  • 装飾品
  • 着付け師の手配
  • メイク、ヘアセットを行うスタイリストの手配
  • 着物専門のクリーニングの手配

振袖を着るためにはこれらの準備が必要になります。全てを用意するにはお金や手間がかかってしまいますが、着物レンタルでは着付けに必要なものはすべて準備してくれます。

フルセットで振り袖を貸し出しているので、手ぶらで店舗に行って、着用が終わったら振り袖を返却するだけで終わります。

また高額な着物でもレンタルであれば、安価な価格で着用することができます。購入するよりも費用を抑えることができますし、何度も振り袖を着る機会があるという場合は、その都度さまざまな色や柄に挑戦することができます。

○レンタルのデメリット

レンタルのデメリットとしては、やはりレンタルの期間をすぎると自分のものではありませんので、着ることができなくなる点です。

実際に何度も着物レンタルで振り袖を借りるとなると、結局購入するよりも費用がかかってしまう可能性があります

また店舗によっては、身長が高すぎたり、低すぎたりすると選択の幅が狭くなってしまう可能性があります。

購入のメリットとデメリット

レンタルのメリットとデメリットを見て、成人式の振り袖は購入した方がいいのかもと考えている人は、次に購入のメリットとデメリットを見てみましょう。

○購入のメリット

購入のメリットとしては、やはり自分のものになることから、何度でも着たいときに着ることができますし、誰も袖を通していない振り袖を自分にぴったりのサイズで仕立てることができます。

ぴったりの仕立てであれば、より着物の着姿は美しくなります。またこの他にも姉妹で着回すことができたり、将来的に子供や孫に受け継いだりすることもできます。レンタルを何度も繰り返すのであれば、購入する方がお得になる可能性も高くなります。

○購入のデメリット

購入のデメリットとしては、まず挙げられるのが費用の問題です。

振り袖の購入にかかる費用は洋服を一枚購入するのとは訳が違い、何十万、ものによっては何百万とかかります。

これらの費用を用意しなければならないとなると、やはりレンタルの方がお得に感じてしまうのも仕方ありません。

この他、着用する度に着付け師やスタリストの手配を自分でしなければならない、しみ抜きやクリーニングの手配をしなければならない、そして保管場所やメンテナンスも自分でしなければならない、といった準備の手間が挙げられます。

まとめ

振り袖にかける予算や着用する回数などによって、一概にどちらがお得かと決めるのは難しい問題です。

例えば人生の中で振り袖を着るのは成人式のときだけという場合は、レンタルをする方が遥かにお得で手間もかかりません。逆に結婚式や初詣、お見合いなど振り袖を着る機会が何度もあるという人は、お気に入りの1枚を持っておくことで、レンタルを利用するよりもお得になります。

レンタルと購入、それぞれにメリットとデメリットがあり、レンタルを複数回利用する場合も購入する場合もどちらも高額になる可能性があることから、将来的なことも踏まえて検討しましょう。

-素朴な疑問

Copyright© 着物レンタルのおと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.