着物レンタルに関する情報を紹介しています。

着物レンタルのおと

素朴な疑問

ブーツは?髪飾りは?卒業式の袴レンタルのコーディネートのコツ

更新日:

袴卒業式女性

卒業式のシーズンになると、街中で袴姿の女性を見る機会も増え、自分も専門学校や大学の卒業式は袴を着用したいという人も多いのではないでしょうか。また教職などに就いている場合は、卒業生を送り出す正装としても着用することができます。そんな卒業式の袴は購入するという人もいますが、着用する回数が少ないことから着物レンタルを利用している人が大半です。

振袖や訪問着でさえ着慣れていない現代の女性ですから、袴となると疑問や不安も増えてしまいます。そこでここでは、卒業式の袴に必要なアイテムや髪飾り、ブーツなどのコーディネートまで、卒業式の袴を着こなすコツを紹介します。

●卒業式の袴に必要なアイテム

まずは卒業式で袴を着用するために必要なアイテムを把握しておきましょう。外見の装飾品だけでなく、美しく着付けるために必要なアイテムもいくつかあります。

着物レンタルであれば、ほとんどのアイテムをフルセットレンタルで借りることができるので気軽に袴を着用することができます。

○着付けに必要なアイテム

まずは袴の着付けに必要なアイテムです。袴は上下に分かれており、着物と袴を組み合わせて着用します。もちろん素肌の上に直接着物や袴を着用することはできないため、着付けに必要なアイテムをしっかり揃えておきましょう。

  • 肌襦袢(はだじゅばん)
  • 長襦袢(ながじゅばん)
  • 衿芯(えりしん)
  • 腰紐(こしひも)
  • 伊達締め(だてじめ)
  • 帯(おび)
  • 前板(まえいた)
  • 袴下帯(はかましたおび)
  • 足袋(たび)

下着の役割を果たす肌襦袢や肌襦袢の上に着用する長襦袢、着物の丈を調整したり、前合わせを留めるために必要な腰紐など、基本的には振袖や訪問着を着付ける際と同じようなアイテムが必要になりますが、袴の場合は袴下帯と呼ばれる袴の下に結んで土台となるアイテムが必要です。

この他にもコーリンベルトやタオル、着物クリップなどがあるとスムーズに美しく着付けることができます。

○装飾品として必要なアイテム

袴を着用する時に装飾品として必要なアイテムとしては、

  • 髪飾り
  • 巾着
  • 履物

の3点です。

和装小物として着物レンタルではあらかじめコーディネートされた状態で提案されることもありますが、自分の好みに合わせて選ぶこともできます。

●おすすめの髪飾り

髪の毛髪飾り女性

卒業式の袴の着付けの際は、多くの人が一緒にヘアセットも行います。アップスタイルなどで、普段よりも華やかな装いになるようにすることで、着物や袴とのバランスを取ることができます。

特に袴姿は、写真撮影をする際にバストアップが多く、ヘアスタイルや髪飾りもしっかり残るので、こだわってみてはいかがでしょうか。

○定番のリボンモチーフの髪飾り

卒業式の袴姿に似合う髪飾りとして定番になっているのが、リボンモチーフの髪飾りです。

ハーフアップにも合わせやすく、サイズやデザインによって可愛らしいイメージから上品なイメージまで演出することができます。寒色系の袴姿ですっきりとしたコーディネートでもリボンタイプの髪飾りをプラスすることで、コーディネートに華を添えることができます。

○普段は選ばないような派手なものがよく映える!

髪飾りを選ぶときに手にとってみても、派手すぎると感じることもあります。ですが、袴姿に合わせる髪飾りは、お花やリボン、揺れるものなど、普段は選ばないような派手なものを選ぶのがおすすめです。

●足元は草履?ブーツ?

卒業式で袴を着用する時に悩むことが多いのが履物です。着物と言えば草履ですが、袴姿であればブーツも合わせることができます。そこでまずは草履とブーツそれぞれのメリット、デメリットを紹介します。

○草履のメリット・デメリット

草履はなんと言っても脱ぎ履きがしやすいことが最大のメリットです。

ただしデメリットとして、普段履きなれないことから歩きにくい、足が痛くなるなどが挙げられます。また雨や雪など天候の悪い日は足元が冷えてしまったり、汚れてしまうなども考えられます。

○ブーツのメリット・デメリット

ブーツのメリットとしては、袴と合わせることでレトロな雰囲気を演出することができる点です。

また雪や雨など悪天候の日でも気軽に外を歩くことができますし、足元の冷えも防ぐことができます。長時間外を歩く予定がある場合はブーツの方が疲れないのもメリットになります。

デメリットとしては、草履に比べると脱ぎ履きがしにくい点です。また合わせる着物によってはカジュアルになりすぎる場合があります。

○ブーツがいいの?草履がいいの?

草履とブーツのそれぞれのメリットとデメリットを知った上で、自分らしい足元を選んでみましょう。

また草履の場合はくるぶしが隠れるぐらいの長さで着付けをし、ブーツの場合は足首のあたりの長さで着付けを行うなど、どちらを選ぶかによって着付けも少し異なるので、あらかじめ余裕を持って決めておくとよいでしょう。

●まとめ

せっかくの卒業式で美しく袴を着ることができるように、必要なアイテムやコーディネートに必要なアイテムなど、余裕を持って準備しておきましょう。髪飾りやブーツ、巾着などの装飾小物にこだわることで、様々な雰囲気を演出することができます。

-素朴な疑問

Copyright© 着物レンタルのおと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.