着物レンタルに関する情報を紹介しています。

着物レンタルのおと

基礎知識

着物レンタルを利用するときはここに注意!知っておきたい3つの注意点

投稿日:

購入するよりもリーズナブルに着物を着ることができるのが、着物レンタルです。振り袖や訪問着、卒業袴や浴衣、七五三の衣装など、様々な和装を楽しむことができ、レンタルという特性上、普段は選ばないような柄や色などにも挑戦しやすくなっています。

最近では、ネットでの着物レンタルも増えており、インターネットや配送業者を介して気軽に着物をレンタルすることができるようになっています。

ですが、中には着物レンタルを利用して失敗してしまったという人もいます。
大切な晴れの日に失敗することがないように、着物レンタルを利用する際は、これから紹介するいくつかの注意点をしっかりおさえておきましょう。

1.TPOに合った着物選びをしよう

成人式着物着る女性

着物はTPOに合わせて選ぶのがとても重要です。華やかで高価なものであれば、どこで着用してもいいというものではありません。

洋服にも言えることですが、着物になると「格」が重視されることから、いつ、どこに、どういった立場で参加するのかを明確にして、その場に相応しい着物を選ぶようにしましょう。

試着ができる場合は必ず試着をしよう

TPOに合わせた着物選びは大切なことですが、自分に合っているかもとても大切です。着物には、様々な柄や色があります。

ショップで直接レンタルをする場合はできる限り試着をして、自分と相性のよい着物を選ぶようにしましょう。

2.着物レンタルプランのセット内容をしっかり確認しよう

着物笑顔の女性

着物レンタルでは、様々なレンタルプランがあります。お得なレンタルプランも多いので利用する方にとっては嬉しいサービスです。

しかし、プランを利用した人の中には、選んだサービスがプランに含まれていなく、後で別料金を請求された、というトラブルにあった方もいるようです。

レンタル契約をする際にはセット内容、サービスについて、しっかり確認しておきましょう。

着付けサービスは含まれているのか?

着物を着る際に必ず必要になるのが着付けです。多くの人は着物を一人で着ることができないでしょう。

また振り袖などは、着付けてもらうことが前提になっている着物です。プロの着付け師の手で着付けてもらうことで、着崩れることなく美しく着物を着こなすことができます。

着物レンタルのプランには、着付けサービスが含まれていることがほとんどですが、中には着付け料金が別途かかる場合やショップで着付けを行っていない場合もあります。

ショップで着付けを行っていない場合は、美容室などに着付けを依頼するなどしなといけません。この場合も着付けの費用がプラスされてしまうことになります。

着付けに必要な小物もレンタルできるのか?

着物の着付けには襦袢(じゅばん)や腰紐などの小物が必要になります。

レンタルプランの中に小物類も含まれているのか?別に自分で用意しなければならないものがあるのか?など、着付けのときになって、慌てることがないように、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

ヘアセットやメイクは含まれているのか?

着物に合うヘアセットやメイクを自分で行うのは難しいという人も多いでしょう。またせっかく着物を着るのであれば、プロにお願いしてみたいという人も多いのではないでしょうか。

着物レンタルのプランにヘアセットやメイクが含まれているかどうかも、しっかり確認しておきましょう。

プランに含まれている場合もあれば、別途料金が発生する場合やレンタルショップではヘアセットやメイクを行っていない場合もあります。

写真撮影は含まれているのか?

せっかくの着物姿を写真に残しておきたい、成人式などの写真を残したいというときは、写真撮影がプランに含まれているかどうか確認が必要です。

含まれていない場合は、別途料金が発生しますし、レンタルショップで写真撮影をしていない場合は写真館などへの予約が必要になります。

クリーニングは含まれているのか?

着物レンタルではレンタル期間が終わると返却をします。このときにそのまま返却するのか?もしくはクリーニングをして返却しなければならないのか?ということも確認しておきましょう。

着物のクリーニングは専門の業者に依頼しなければならず、洋服のクリーニング料金よりも高額になる場合がほとんどです。

返却のときにクリーニングが必要になってしまうとレンタル料金にさらにクリーニング料金がプラスされ、経済的な負担が大きくなってしまいます。

キャンセル料についてもチェック!

成人式の振り袖の場合は、だいたい1年前から予約を受け付けています。早く予約をしたことで場合によっては、途中でキャンセルをしなければならない状況になることもあるでしょう。

どの段階でキャンセル料が発生してしまうのか、事前にしっかり確認しておくようにしましょう。

3.着物の受け渡し方法を確認しよう

荷物受け取る女性

レンタルショップが自宅や式典が開催される場所から離れているときなどは、着物や小物類などを持って長距離移動をしないといけなくなります。

着付けをする場所や自宅などに着物を配送することができるのか?など、着物の受け渡し方法についても確認しておきましょう。

配送での受け取りの場合は届いたらすぐに中身をチェック!

着物を配送で受け取る場合は、荷物を受け取ったら必ずすぐに中身をチェックしましょう。

足りないものがあると着付けができなくなってしまう可能性があります。万が一不備がある場合はすぐにレンタルショップに連絡をしましょう。

●まとめ

着物レンタルは、様々な種類の着物を気軽にレンタルすることができます。着付けやヘアセット、メイクなどがセットになっているプランも多く、様々なニーズに対応していますが、晴れやかな気分で着物を美しく着こなすためには、レンタルを契約する際にしっかりプラン内容などを確認し、利用することが大切です。

-基礎知識

Copyright© 着物レンタルのおと , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.